10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

松江の田んぼの横のおじぞうさんみたいな整体師

娘の心臓の手術後のマヒを治すために療術を学び、40代後半から整体師となったオヤジの開業日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

膝も診ます 

以前、多発性硬化症の疑いのある方が

何年ぶりかで来院されました。

多発性硬化症の疑いがあった時は、

うちに数ヶ月通われて後、関西の

専門の病院で再々検査を受けられて

最終的には無事、問題なしと診断されて、

退院されました。


今度は、《 乳がんの疑いあり 》

と病院で診断されたそうです。


その会員さんが操法室に入られてきて

驚いたのが、膝を痛々しく引きずって

おられるのです。

座る時も膝を伸ばさないと痛みが

ひどいそうで…。(うーん、可哀想な…)


聞けば、7ヶ月前から膝が痛くなり

病院でヒアルロン酸の注射を膝に

してもらっているが一向によくならない

とのこと。

「なんでうちに来なかったんですか?

ここまで、痛みが続かないのに…」


『えっ!先生のところは膝も診られるの

ですか!?』


(うちをどこだと思っておられるの

かな〜??)

ということでお伝えしておきます。

うちは膝も診ますよ!

オスグットの小学生の女の子も来ますし

アスリートが大会前のコンディショニング

にも来られます。


さて、この方は右膝の痛みですが、膝

だけ診ていてはだめです。

一目見ただけで、体がねじれています。

右骨盤は下がっており、重心が右に

かかりすぎています。

腰椎三番、五番の右二側に弛緩した中に

硬結があります。

坐骨結節から太ももの裏側にかけての

筋がかなり硬くなっています。

足も外側に重心がかかっており、

ふくらはぎの外側にカチコチに。

当然、膝の裏には硬結あり。

まず、重心のかたよりをなおすこと。

根本的によくしようと思うならば内臓の

調整が大事です。

膝は胆嚢とつながりがあり、胆嚢は

肝臓と同じ木の行です。

ましてや、乳がんの疑いがあるという

ことなので、肝臓の調整は必須です。

これをすることで、根本的な問題の

解決につながります。


痛みに関連する処の操法をした後、

ガンの疑いがあるということで次は、

ガン操法です。

ガン全般に対しては血液性質に関係する

D七調整、上肢六等を入れた調整等を

します。


今回も再検査では、なんともないことを

願っています。
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/25 Sat. 12:49 [edit]

category: Body・メソッド

TB: 0    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://ojizou27.blog130.fc2.com/tb.php/1442-80e1ab76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。